HOME > ホワイトニングの種類

ホワイトニングの種類

一言でホワイトニングと言っても、実はいくつか種類があることをご存知ですか?
当ページでホワイトニングの種類についてご紹介します。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、その名の通り自宅で行うホワイトニングのことです。
クリニックでカウンセリングを受けたのち、ご自身の歯型を取りマウスピースを作成します。
自宅でホワイトニングの薬剤をマウスピースに入れて、1日に約2時間ほど装着することで、2週間~3週間くらいかけてゆっくりとホワイトニングを行います。

ホームホワイトニングのメリット
① 通院の回数が少ない
少ない人の場合はカウンセリング、マウスピースの受け取りと説明、薬剤がなくなったら薬剤を取りに行くだけの3回で済みます。
歯石や歯垢の除去などのクリーニングが必要な場合はもう少し掛かりますが、クリニックホワイトニングのように何度も通院する必要はほとんどありません。
② 自然と白くなる
ホームホワイトニングは歯の白さを実感するまでに時間が掛かります。
しかしその分自然に白くなっていくため、急に白くなるという不自然さはありません。
また、白さが長持ちするというメリットもあります。
③ ホワイトニングが継続できる
ホワイトニングは通常半年から1年くらいの間で元の色に戻ってしまいます。
しかし、一度マウスピースを作成していれば続けて使うことができるため、ホワイトニング剤を買い続けることでホワイトニングを続けることができます。
ホームホワイトニングのデメリット
① 即効性はない
ホームホワイトニングの場合、効果の実感までに平均で1週間ほどかかります。
そのため、急を要する場合にはお勧めできません。
② ケアの手間が掛かる
ホームホワイトニングは最低でも1週間に4日~5日程度、1日2時間程度行う必要があります。
そのため、まめにケアができない方にはあまりお勧めできません。

クリニックホワイトニング

クリニックホワイトニング

クリニックホワイトニングとは、その名の通りクリニックで行うホワイトニングのことです。
ホワイトニングに関するすべての施術をクリニックで行うため、自宅でのケアは特に必要ありません。
また、ホームホワイトニングよりも濃度の高いホワイトニング剤を使用することができ、結婚式の前や発表会の前など、短期間で歯を白くすることができます。

クリニックホワイトニングのメリット
① 1回の施術で白さを実感することができる
クリニックホワイトニングは濃度の高いホワイトニング剤を使用するため、即効性があります。
そのため、ホームホワイトニングでは間に合わない結婚式や発表会、面接など急を要する場合にお勧めです。
② 医師が行うため安全性が高い
まれにホワイトニング剤がしみてしまう方がいますが、クリニックホワイトニングの場合は医師が行っているのでしみた場合にもすぐに処置が可能です。
また、知覚過敏の方でも安心してホワイトニングを受けることができます。
③ ケアの手間が掛からない
クリニックホワイトニングの場合、ホワイトニングに関するすべての施術をクリニックで行います。 自宅でのケアが必要ないため、ケアが面倒だと言う方や、マウスピースの装着が不可能な方でもホワイトニングが可能です。
クリニックホワイトニングのデメリット
① 色の戻りが早い
クリニックホワイトニングは即効性がある分、色が元に戻るのも早いというデメリットがあります。
② 人によっては施術が不可能
クリニックホワイトニングの場合、光を当てる必要があります。
このため、光に対しアレルギーがある方や光過敏症の方、てんかんなどの持病をお持ちの方は施術ができない場合があります。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとは、クリニックホワイトニングとホームホワイトニングをデュアル(dual)、つまり同時に行うことです。
即効性のあるクリニックホワイトニングと、持続性のあるホームホワイトニングの両方を行うため、双方の欠点を補い長所を兼ね添えた、より審美性の高いホワイトニングです。

デュアルホワイトニングのメリット
① 白さの実感と継続
まずクリニックホワイトニングを行い、即効性のある白さを実感することができます。
さらに、ホームホワイトニングによりその白さを維持させることができるため、完璧なホワイトニングを求める方に人気の高いホワイトニングです。
② 色むらができにくい
クリニックホワイトニングだけの場合、すぐに白くなる半面でまれに色むらが発生することがあります。
ホームホワイトニングでは色むらができにくい分時間が掛かってしまいますが、併用することで色むらを抑えることができます。
③ より白くすることが可能
クリニックホワイトニング、ホームホワイトニングのどちらも、元々の歯の色が濃い場合は短期間では白くなりにくいのですが、デュアルホワイトニングの回数を重ねることでより白くすることが可能です。
デュアルホワイトニングのデメリット
① コストが掛かる
デュアルホワイトニングはクリニックホワイトニングとホームホワイトニングを併用するため、両方の金額が掛かります。
② 手間が掛かる
デュアルホワイトニングはきれいに仕上がる分、ホームホワイトニングが必要になるため自宅でのケアの手間が掛かってしまいます。