HOME > 審美歯科のホワイトニングとは?

審美歯科のホワイトニングとは?

審美歯科のホワイトニングとは、一体どのような施術のことをさすのでしょうか。
審美歯科の特徴やホワイトニングについてご紹介します。

審美歯科の特徴

審美歯科の特徴

実はホワイトニングは審美歯科に限らず、一般歯科でも行うことは可能です。
しかし、本当に良いホワイトニングを受けるためには一般歯科より審美歯科を選択する方が多いのです。
では、なぜ審美歯科で行った方が良いのでしょうか。
当ページでは、一般歯科とは違う、審美歯科の特徴についてご紹介します。

カウンセリングについて

カウンセリング

一般歯科の場合、カウンセリングと言っても痛みの度合いや症状、改善の希望を確認するだけの簡単なものがほとんどです。
というのも、一般歯科は保険適応の範囲で治療を行うため、具体的に要望を聞いてもそこまで治療することが難しいためです。
審美歯科の場合、ほとんどのクリニックでは時間を掛けてゆっくり、丁寧にカウンセリングを行い、患者さまの要望や希望、悩みをしっかりとお聞きします。
それは一般歯科と違い、審美歯科では保険適応では対応できない範囲の治療も可能となる分、患者さまの負担額が大幅に増えるためです。
後悔のない治療にするために、そして心から満足する治療を提供するために、審美歯科ではカウンセリングに時間を掛けています。

最新機器を使用

最新機器

一般歯科の場合は「悪いところを治す」ということだけに特化している治療を行うため、審美性を追求するような治療は出来ません。
前述の取り保険適応の範囲で治療を行うので、使用する機器にも制限が掛かっており、最新の機器を使用することができません。つまり、安く済む反面で医師の手腕に多少左右される部分があります。
審美歯科の場合は自由診療なので診療費は多くかかりますが、その分最新機器を使用した治療が可能です。
最新機器ではより少ない回数で、よりキレイに、そして確実に治すことが可能です。
また、最新機器を含め様々な治療機器の中から好きな治療機器をある程度選択出来ると言うところも、自由診療を行っている審美歯科ならではの利点と言えます。

専門家による施術

施術

一般歯科と審美歯科、最大の違いと言えるのが「専門性」という部分です。 一般歯科はその名の通り、虫歯の治療や歯周病の治療、入れ歯の作成など歯科一般を幅広く行っています。
反対に、審美歯科では審美性が問われる治療、つまり歯のクリーニングやホワイトニング、セラミック治療などの見た目を美しくするための治療を専門に行っています。
もちろん一般歯科でも歯のクリーニングやホワイトニングを行っている歯科は存在しているのですが、自己負担額が異なる一般歯科と審美歯科だからこそ、「より良い治療を受けるならどちらか?」という分岐に立った際、ほとんどの人が審美歯科を選んでいるのは経験、実績、知識が豊富なためです。